福島県喜多方市 熱塩温泉山形屋 館主こだわり食材の田舎料理と湯量豊富な源泉かけ流しの温泉が自慢の旅館ホテル 宿泊プラン一覧・ご予約 福島県喜多方市 熱塩温泉山形屋 館主こだわり食材の田舎料理と湯量豊富な源泉かけ流しの温泉が自慢の旅館ホテル ご予約・お問い合わせ TEL 0241-36-2288 0241362288 福島県喜多方市 熱塩温泉山形屋 館主こだわり食材の田舎料理と湯量豊富な源泉かけ流しの温泉が自慢の旅館ホテル

今月の”田舎のごっつぉ” 山形屋では、ここ喜多方市から加納町で採れる食材を生かして、毎月工夫を凝らしたお料理と心をこめてお作りしております。”今月だけの美味しさ”を、お楽しみください。

過去のメニュー
トップコメント

※メニュー内容は、その日の仕入により多少変わる場合がございます。
※「プラン」や「料金」により内容や品数が異なります。




4月メニューテーマ 「 桜 」4月メニューテーマ 「 桜 」4月メニューテーマ 「 桜 」

一、菜の花の胡麻和え

菜の花のほろ苦さが春の訪れを感じさせます。
胡麻味噌ダレがアクセントになる春の味です。


一、刺身

磐梯山の名水で育ったバンダイマスと海の幸を盛り合わせにしました。
福島の山の恵みと日本の海の幸が競演する1皿です。


一、鯉のカルパッチョ

会津の郷土料理、伝統美食として紹介されている献立。    さっぱりとしたドレッシングと梅がアクセントになった新メニューです。


一、梅蕎麦

梅の香り漂う蕎麦は桃色に染まり、見た目にも春の息吹を感じさせます。蕎麦粉を使用していない麺なので蕎麦アレルギーの方にも安心してお召上がりいただけます。


一、岩魚と蕨の蒸し物

山宿ならではの食材を生かした、山菜の蕨(わらび)と岩魚の蒸し物。
暖かさが身にしみる優しい味わいに仕上げました。


一、桜鍋

会津特産品のひとつに馬刺しがあります。きれいなピンクから地元では「桜肉」と呼ばれています。脂身がなくヘルシーな赤身は、あまり煮込みすぎないうちにお召し上がりください。


一、鶏レバームース

鶏のレバーペーストはお酒のつまみに最適。
少し臭みのある味わいをお楽しみいください。


一、鰈龍眼揚げ

こして蒸した卵を筒状になるよう鰈で巻いています。
その断面が龍の眼のような形をした揚げ物。
添え付けの山菜も旬の味覚です。


一、アスパラ巻きの陶板焼き

生産量日本一にもなったことがあるアスパラは喜多方の特産品です。そのアスパラを福島特産エゴマ豚で巻いて、アツアツの陶板焼きでお召上がりください。


一、鶏蕗味噌

山形屋自慢の創作料理を代表する一品。
やっと芽吹いたふきのとうのほろ苦い味噌が癖になります。鶏肉と添え付けの焼茄子と一緒にお召上がりください。
味はもちろん!目でも楽しめる鮮やかな創作料理です。


一、デザート

当館手作り!「八重の桜羊羹」               
ピンクの花びらをかたどったクレープが可愛らしい一品。   
豆乳と小豆の2層になった羊羹は、甘みを抑えた男性にもお薦めの味です。


今月の追加メニュー





3月メニューテーマ 「 春一番 」3月メニューテーマ 「 春一番 」3月メニューテーマ 「 春一番 」

一、菜の花の胡麻和え

菜の花のほろ苦さが春の訪れを感じさせます。
胡麻味噌ダレがアクセントになる少し早い春の味です。


一、刺身

磐梯山の名水で育ったバンダイマスと海の幸を盛り合わせにしました。
福島の山の恵みと日本の海の幸が競演する1皿です。


一、鯉のカルパッチョ

新メニュー!!
会津の郷土料理、伝統美食として紹介されている献立。   


一、みぞれ帆立

ピリッとした紅しょうがと帆立をおろしと混ぜた酢の物。
さっぱりと頂けるのでお口直しに最適。


一、鶏粒蕎麦蒸し

当館オリジナル和風ロール白菜。
粒蕎麦と鶏挽肉を練りこんだ具を白菜で巻いた蒸し物。
上品な和風出汁にわさびのアクセントが効いています。


一、エゴマ豚坦々鍋

ほんのり辛めの坦々スープはコクがあり、辛いものが苦手な方にもお召上がりいただける味付けに仕上げています。
旨味エキスたっぷりのスープと絡んだうどんは〆に最高です。


一、鶏レバームース

鶏のレバーペーストはお酒のつまみに最適。
少し臭みのある味わいをお楽しみいください。


一、鰈龍眼揚げ

こして蒸した卵を筒状になるよう鰈で巻いています。
その断面が龍の眼のような形をした揚げ物。
添え付けのふきのとうが春の息吹を感じさせます。


一、鱈のブロッコリーソース

旬の鱈をムニエル風に仕上げ、板長特製のブロッコリーソースで飾りました。洋風に仕上げた当館自慢の創作料理です。


一、鰆の葱味噌焼き

春が旬の魚なので「鰆」と書きますが、産卵前の脂がのった12〜2月の真冬が旬と言われています。
淡白な白身魚ですが程よく脂の乗った身は葱味噌との愛称抜群です。


一、デザート

当館手作り!苺のババロア


今月の追加メニュー





2月メニューテーマ 「 立春 」2月メニューテーマ 「 立春 」2月メニューテーマ 「 立春 」

一、蕪と鮭の菊花和え

会津の郷土料理、伝統美食として紹介されている献立。
蕪・菊・鮭の彩りと素材の食感をお楽しみいただける一皿です。


一、刺身

磐梯山の名水で育ったバンダイマスと海の幸を盛り合わせにしました。
福島の山の恵みと日本の海の幸が競演する1皿。
山の宿とは思えない新鮮な鮮魚が自慢です。


一、鯉のぬた

鯉と葱をぬた(酢味噌)と絡めていただくシンプルな酢の物。
湯通しした葱は甘みが増し酢味噌との愛称抜群です。鯉特有の青臭さは酢洗いすることにより食べやすくしています。


一、牡蠣早煮

牡蠣を煮込む寸前まで火を通し、味付けした早煮。冷めた状態でお召上がりいただきます。お酒のお供に最適です。


一、鶏粒蕎麦蒸し

当館オリジナル和風ロール白菜。粒蕎麦と鶏挽肉を練りこんだ具を白菜で巻いた蒸し物。上品な和風出汁にわさびのアクセントが効いています。


一、エゴマ豚坦々鍋

ほんのり辛めの坦々スープはコクがあり、辛いものが苦手な方にもお召上がりいただける味付けです。        
旨味エキスたっぷりのスープと絡んだうどんは〆に最高です。


一、さごちの葱味噌焼き

さごちは鰆の幼名。
淡白な白身魚ですが、この時期程よく脂の乗った身を香ばしく焼き上げました。自家製葱味噌との愛称抜群です。


一、鶏レバームース

鶏のレバーペーストはお酒のつまみにはぴったりの大人の味です。少し臭みのある味わいをお楽しみください。


一、鰈龍眼揚げ

こして蒸した卵を筒状になるよう鰈で巻いています。その断面が龍の眼のような形をした揚げ物。添え付けのふきのとうが春の息吹を感じさせます。


一、デザート

当館手作り!苺のババロア


今月の追加メニュー





1月メニューテーマ 「 迎春 」1月メニューテーマ 「 迎春 」1月メニューテーマ 「 迎春 」

一、ヤーコンのきんぴら

ヤーコン芋は糖尿病予防や便秘解消に効果的で、ダイエット効果と美味を兼備した健康根菜と言われています。
コリコリと歯ごたえのある触感とピリッとした味つけがとても癖になります。


一、刺身

磐梯山の名水で育ったバンダイマスと海の幸を盛り合わせにしました。
福島の山の恵みと日本の海の幸が競演する1皿。
山の宿とは思えない新鮮な鮮魚が自慢です。


一、鯉のぬた

鯉と葱をぬた(酢味噌)と絡めていただくシンプルな酢の物。
湯通しした葱は甘みが増し酢味噌との愛称抜群です。鯉特有の青臭さは酢洗いすることにより食べやすくしています。


一、牡蠣早煮

牡蠣を煮込む寸前まで火を通し、味付けした早煮。冷めた状態でお召上がりいただきます。お酒のお供に最適です。


一、小田巻銀あんかけ

小田巻銀あんかけは山形屋定番の一品。
うどんが入った茶碗蒸しを小田巻きといいます。茶碗蒸しといえば旅館定番の一品ですが、一手間加えた当館オリジナルの茶碗蒸しをお楽しみください。


一、みぞれ鍋

当館のみぞれ鍋は大根の他に蕪のおろしも入れています。豚・鶏・軟骨団子の旨みが効いた出汁が特製おろしダレと絡まり絶妙な味わいです。寒さが増したこの時期、心も体も温まるお鍋は今月の一押しです。


一、菊と蕪と合鴨の炊き合せ

今の時期、甘みが増す蕪と合鴨くず煮の炊き合わせ。和風だしの菊餡かけが彩りを飾ります。


一、鶏ごぼう巻き

鶏肉の間に牛蒡を挟んで巻いた揚げ物。牛蒡の香ばしさがアクセントになり食欲をそそります。ジューシーでプリプリの鶏肉は食べ応え十分です。


一、山女の卵

料理名の通り川魚山女の卵です。
別名『イエローキャビア』と言われ、稀少価値のある大変珍しい卵です。当館でしか食べられない一品をご堪能ください。


一、ぶりと大根のステーキ

旬の鰤をステーキ風に仕上げました。脂がのった鰤ステーキは薄味の大根ステーキと一緒にお召上がり下さい。和風ダレのソースが癖になり、ご飯好きにもお酒好きにも箸が進む一皿です。


一、デザート

当館手作り!いちごのババロア!


今月の追加メニュー





12月メニューテーマ 「 年の宿 」12月メニューテーマ 「 年の宿 」12月メニューテーマ 「 年の宿 」

一、つむじかり

別名『すむつかり』。南会津独特の伝統料理。
鮮やかなピンク色は黒豆のアントシアニン(ポリフェノールの一種)。黒豆を皮がはぜるまで炒って、酢・砂糖を合わせ、大根おろしと和えています。


一、刺身

磐梯山の名水で育ったバンダイマスと海の幸を盛り合わせにしました。
福島の山の恵みと日本の海の幸が競演する1皿。
山の宿とは思えない新鮮な鮮魚が自慢です。


一、鯉のぬた

鯉と葱をぬた(酢味噌)と絡めていただくシンプルな酢の物。
湯通しした葱は甘みが増し酢味噌との愛称抜群です。鯉特有の青臭さは酢洗いすることにより食べやすくしています。


一、牡蠣早煮

牡蠣を煮込む寸前まで火を通し、味付けした早煮。冷めた状態でお召上がりいただきます。お酒のお供に最適です。


一、小田巻銀あんかけ

小田巻銀あんかけは山形屋定番の一品。
うどんが入った茶碗蒸しを小田巻きといいます。茶碗蒸しといえば旅館定番の一品ですが、一手間加えた当館オリジナルの茶碗蒸しをお楽しみください。


一、みぞれ鍋

当館のみぞれ鍋は大根の他に蕪のおろしも入れています。豚・鶏・軟骨団子の旨みが効いた出汁が特製おろしダレと絡まり絶妙な味わいです。寒さが増したこの時期、心も体も温まるお鍋は今月の一押しです。


一、菊と蕪と合鴨の炊き合せ

今の時期、甘みが増す蕪と合鴨くず煮の炊き合わせ。和風だしの菊餡かけが彩りを飾ります。


一、鶏ごぼう巻き

鶏肉の間に牛蒡を挟んで巻いた揚げ物。牛蒡の香ばしさがアクセントになり食欲をそそります。ジューシーでプリプリの鶏肉は食べ応え十分です。


一、山女の卵

料理名の通り川魚山女の卵です。
別名『イエローキャビア』と言われ、稀少価値のある大変珍しい卵です。当館でしか食べられない一品をご堪能ください。


一、ぶりと大根のステーキ

旬の鰤をステーキ風に仕上げました。脂がのった鰤ステーキは薄味の大根ステーキと一緒にお召上がり下さい。和風ダレのソースが癖になり、ご飯好きにもお酒好きにも箸が進む一皿です。


一、デザート

地元産!!京野さんの洋なし。


今月の追加メニュー





11月メニューテーマ 「 初冬 」11月メニューテーマ 「 初冬 」11月メニューテーマ 「 初冬 」

一、つむじかり

別名『すむつかり』。南会津独特の伝統料理。
鮮やかなピンク色は黒豆のアントシアニン(ポリフェノールの一種)。黒豆を皮がはぜるまで炒って、酢・砂糖を合わせ、大根おろしと和えています。


一、刺身

磐梯山の名水で育ったバンダイマスと海の幸を盛り合わせにしました。
福島の山の恵みと日本の海の幸が競演する1皿。
山の宿とは思えない新鮮な鮮魚が自慢です。


一、炙り秋刀魚の酢の物

今が旬!炙り秋刀魚の酢の物。
炙った秋刀魚を酢の物にした斬新な一品。脂の乗った秋刀魚をごま酢ダレでさっぱりとお召上がり下さい。


一、湯葉豆腐

湯葉と三つ葉を卵で硬め、豆腐状に仕上げました。
茶碗蒸しのような味わいで、添え付けのキャビアがアクセントになっています。優しさの中にもメリハリのある味わいです。


一、鶏饅頭

粘り気のある里芋と鶏ひき肉を団子状にし、みじん粉をまぶして揚げています。餡が絡んだ団子は秋を感じさせる味わいです。
また、里芋は血圧やコレステロールを下げる効果があると言われています。


一、和牛つみれ鍋

丁寧に下ごしらえした和牛つみれはとても柔らかく食べ応え十分です。醤油ベースの出汁とよく合い、これからの季節に欠かせない一品です。


一、菊と蕪と合鴨の炊き合せ

今の時期甘みが増す蕪と合鴨くず煮の炊き合わせ。
一つ一つ素材の味が引き立ちます。菊餡かけが彩りを飾り、ほんのり色づいた紅葉のような一皿。


一、山女の卵

料理名の通り山女の卵は別名『イエローキャビア』と言われ、稀少価値のある大変珍しい卵です。
当館でしか食べられない一品をご堪能ください。


一、さつまいもの豚肉巻

大学いも風に味付けしたおいもをエゴマ豚で丁寧に巻きました。お芋の甘みが引き立つ香ばしい焼物です。


一、土瓶蒸し

松茸と鱧の土瓶蒸しです。秋の香りをご堪能ください。


一、デザート

喜多方産!今月は京野ぶどう園のぶどうです。
自然の甘さをお楽しみ下さい。  


今月の追加メニュー
11月メニューテーマ 「 初冬 」11月メニューテーマ 「 初冬 」11月メニューテーマ 「 初冬 」





10月メニューテーマ 「 紅葉 」10月メニューテーマ 「 紅葉 」10月メニューテーマ 「 紅葉 」

一、こんにゃく南蛮味噌和え

会津伝統美食の一品。
豆板醤を入れたピリッと辛い南蛮味噌とこんにゃくの和え物。
お酒との相性もよく、こんにゃくの食感がくせになります。


一、刺身

磐梯山の名水で育ったバンダイマスと海の幸を盛り合わせにしました。
福島の山の恵みと日本の海の幸が競演する1皿です。


一、ヤマメ利休

飯豊山の伏流水で育った身のしまった山女を使用。
素揚げした山女に菊と胡瓜を添えた酢の物です。
揚げ物を酢の物にした斬新な一品です。


一、湯葉豆腐

湯葉と三つ葉を卵で固め豆腐状に仕上げました。添え付けのキャビアがアクセントになり、優しさの中にもメリハリのある味わいです。


一、茸かわり蒸し

豆腐、茸、大和芋を練り合せ、揚げたあと白菜を巻いて蒸した手の込んだ一品。食材の味を活かし、七味おろしの辛味を効かし薄味で仕上げました。


一、鮭ちゃんちゃん焼き 

秋が旬の鮭は野菜の甘みでより旨味を増します。味噌バターとの愛称がよく、風味、味付けともに食欲をそそる一品です。


一、合鴨ワイン煮

合鴨を軽くワインで煮込み、柔らかいローストに仕上げました。ワインの煮汁を使い、和風の味付けに仕上げたソースは合鴨をより引き立たせています。噛めば噛むほど合鴨の旨味を感じる一品です。


一、山女の卵

その名の通り川魚山女の卵です。別名『イエローキャビア』と言われ、稀少価値のある大変珍しい品です。当館でしか食べられない一品をご堪能ください。


一、福島牛しゃぶしゃぶ

福島県産和牛を使用。柔らかく脂の乗ったお肉をごまポン酢タレでお召上がりください。  


一、さつまいも黄金焼

ホワイトソースで味付けしたペースト状のサツマイモと魚貝をサツマイモをくり抜いた器に入れて焼き上げてました。お皿代わりの焼き芋風のサツマイモとスウィートポテトのようなペースト状のサツマイモ・・・2つの食感をお楽しみください。


今月の追加メニュー
10月メニューテーマ 「 紅葉 」





9月メニューテーマ 「 秋涼 」9月メニューテーマ 「 秋涼 」9月メニューテーマ 「 秋涼 」

一、こんにゃく南蛮味噌和え

会津伝統美食の一品。
豆板醤を入れたピリッと辛い南蛮味噌とこんにゃくの和え物。
お酒との相性もよく、こんにゃくの食感がくせになります。


一、山女と菊の酢の物

飯豊山の伏流水で育った身のしまった山女を使用。
酢占めした山女を菊と和えた酢の物。
川魚の臭みがなくさっぱりとした味わいです。


一、枝豆豆腐
  
ペースト状の枝豆を卵で固め豆腐風に仕上げた一品。
ふんわりとしたやさしい味わいです。


一、茸かわり蒸し

豆腐、茸、大和芋を練り合せ、揚げたあと白菜を巻いて蒸した手の込んだ一品。
食材の味を生かした薄味ですが、七味おろしの辛味が効いています。


一、豚陶板

喜多方産エゴマ豚を使用。
熱々のうち自家製タレにつけてお召し上がり下さい。


一、刺身

磐梯山の名水で育ったバンダイマスと海の幸を盛り合わせにしました。
福島の山の恵みと日本の海の幸が競演する1皿です。


一、南瓜饅頭

地元の南瓜をふんだんに使用し、鶏そぼろを入れて饅頭風に仕上げた秋の味覚です。
ほくほくの南瓜が醤油風味の餡に絡み食欲をそそります。


一、合鴨ワイン煮

合鴨を軽くワインで煮込み、柔らかいローストに仕上げた一品。
煮汁を使い、和風の味付けに仕上げたソースは合鴨をより引き立たせています。


一、鰈塩ダレ焼き

鰈の間に茄子、いんげんを挟んで巻いた焼物。
コショウが効いた塩ダレとの愛称が抜群です。


一、デザート

熱塩加納産!遠藤ぶどう園自慢の味!
甘味が強い「ヒムロット」を使用。
後引くうまさはお口へ運ぶ手がとまらなくなります。


今月の追加メニュー





8月メニューテーマ 「 盛夏 」8月メニューテーマ 「 盛夏 」8月メニューテーマ 「 盛夏 」

一、夏の前菜 
     
熱塩トマトの茶金包み、鶏肉のインゲン巻き、牛肉のパイ包みなど前菜5品。
夏の強い日差しに負けない、彩りの美しい品々です。


一、アスパラのすり流し 

熱塩の新鮮なアスパラをすり流しにして、まろやかな食感に仕上げました。
中にヨモギ蕎麦を入れて更に喉越しの良く食べられます。


一、会津夏野菜サラダ 
 
喜多方産のトマトやキュウリなどを小さめサイズでたくさん彩った会津サラダ。
旬真っ盛りの夏野菜にオクラとモロヘイヤのネバネバソースをかけました。


一、刺身       

磐梯山の名水で育ったバンダイマスと海の幸を盛り合わせにしました。
福島の山の恵みと日本の海の幸が競演する1皿です。


一、南瓜トーフ  
    
彩りの鮮やかなカボチャの豆腐仕立て。
カボチャの甘味を活かした、甘さ控えめの味付けです。


一、茄子グラタン  
  
米茄子を半分にして、野菜と濃厚なホワイトソースで焼きました。
一個でお腹がいっぱいになりそうなボリュームです。


一、モロコシ蒸し  

トウモロコシは収穫時期も短く、鮮度が命と言われます。
茶碗蒸しの上にのせたトウモロコシにツブツブ食感に夏を感じてください。    


一、そうめんのゴマ風味  

そうめんをゼリー寄せし、食べやすくカット。
たっぷりの胡麻ソースが食をそそり、箸が進む逸品です。


一、エゴマ豚の信田揚げ  

エゴマ豚は福島県産エゴマ(通称:じゅうねん)を食べて育った甘味の強い福島の豚です。
油揚げを袋に使い、豚肉と野菜を巻いて揚げた、福島だけの味わいです。。


一、地元イワナのコブ〆  

飯豊山の伏流水で育った身のしまったイワナを使用。
イワナの身だけを使い、コブ〆の金糸巻きという料理人渾身の技です。


一、デザート      

スイカのブラマンジェ。
溶けやすいブラマンジェは美味しい状態でお召し上がりください。



写真1 夏の前菜
写真2 エゴマ豚の信田揚げ
写真3 地元イワナのコブ〆


今月の追加メニュー





7月メニュー テーマ「初夏」7月メニュー テーマ「初夏」7月メニュー テーマ「初夏」

一、会津野菜サラダ
喜多方産の野菜を少しずついっぱい詰め込んだ会津サラダ。オクラ・ズッキーニ・エシャレットなど味の共演がスパイシーな味付けに合います。


一、銀鮭トマトあんかけ
エビイモ中心に銀鮭で包んで蒸し上げました。和風のトマトソースが優しさを引き立てます。


一、刺身
磐梯山の名水で育ったバンダイマスと海の幸を盛り合わせにしました。福島の山の恵みと日本の海の幸が競演する1皿です。


一、よもぎ豆腐
田舎の懐かしい味といえばヨモギという方も多いはず。ヨモギの風味を残し、プルンとした豆腐に仕立てました。


一、エゴマ豚ホイル包み
エゴマ(通称:じゅうねん)の産地である福島。エゴマを食べた県産豚は甘みがあり、ジューシーなエゴマ豚として人気です。


一、塩川名物鳥もつ
喜多方市塩川地区の名物「モツ」とは鳥皮を煮込んだものです。じっくり煮込んだ食感がここならではの味です。


一、蕎麦
喉越しもツルツルと食が進むお蕎麦を用意しました。喜多方はラーメンだけでなく蕎麦の産地でもあります。


一、茄子博多あげ
茄子とエビのすり身を交互に重ねた「博多織り」のようなキレイな揚げものです。大根おろしのダシででさっぱりとお召し上がりください。


一、牛タンシチュー
ソースまで食べたくなる濃厚なタンシチュー。冷めても柔らかいほど12時間かけじっくり煮込んだ逸品です。


一、酢の物
清流で育った地元の活きがいいイワナを昆布〆にしたサッパリした味。金糸卵とキュウリを巻いて、口に入れた食感も重視しました。


一、デザート
牛乳の濃厚さが味わえるブロマンジュに走りのスイカを添えて。食事の最後まで手間を惜しまず、手作りしています。


写真
写真1:会津野菜サラダ
写真2:茄子の博多揚げ
写真3:ブロマンジュとスイカ


今月の追加メニュー





6月メニュー テーマ「睦月」6月メニュー テーマ「睦月」6月メニュー テーマ「睦月」

一、前菜5点盛り
喜多方の隣町「北塩原村」はジュンサイの産地。初夏を告げる特産品です。他に稚鮎の煮ものやブロッコリーのカナッペなど旬をお届けします。

一、山菜くず煮
春の香り、山菜数種類を葛あんでとじ込めました。フワッとした白身の練り物と合わせて素朴な味わいに仕上げました。

一、刺身
磐梯山の名水で育ったバンダイマスと海の幸を盛り合わせにしました。福島の山の恵みと日本の海の幸が競演する1皿です。

一、カツオのジュレ
酢〆したカツオと新鮮なトマトに酸味のきいたジュレをかけました。疲れのたまった身体にききそうな逸品です。  

一、エゴマ豚ホイル包み
エゴマ(通称:じゅうねん)の産地である福島。エゴマを食べた県産豚は甘みがあり、ジューシーなエゴマ豚として人気です。

一、つぶそば蒸し
蕎麦産地の会津では蕎麦の実を蒸して食べる風習があります。たっぷりの蕎麦の実を

一、そばクレープ
会津産そば粉をクレープ生地に焼いて初夏の野菜を巻きました。オイスターと生クリームのソースにつけて、手で食べていただきたい一品です。

一、茄子博多あげ
茄子とエビのすり身を交互に重ねた「博多織り」のようなキレイな揚げものです。大根おろしのダシででさっぱりとお召し上がりください。

一、鳥もつ
喜多方市塩川地区の名物「モツ」は鳥皮を煮込んだものです。じっくり煮込んだ食感がここならではの味です。

一、よもぎ豆腐
田舎の懐かしい味といえばヨモギという方も多いはず。ヨモギの風味を残し、プルンとした豆腐に仕立てました。

一、デザート
暑くなってくるこの季節。季節をイメージした和菓子や喉越しのいい洋菓子など手作りのスイーツをご用意いたします。


写真1:前菜5点盛り
写真2:茄子の博多揚げ
写真3:カツオのジュレ


今月の追加メニュー





5月メニュー テーマ「皐月の空」5月メニュー テーマ「皐月の空」5月メニュー テーマ「皐月の空」

一、前菜5点盛り
初夏を告げるジュンサイをはじめ、鯛のフキ味噌のせ、レーズン入りカボチャ丸など春の終わりと初夏の香りを前菜に盛り合わせいたしました。

一、アスパラ豆腐
アスパラ産地である会津。旬真っ盛りのアスパラをペースト状にし豆腐仕立てにしました。グリーンの彩りとアスパラの香りが目にも舌にも美味しく広がります。

一、筍蒸し
筍を鯉で包み蒸し上げた手間のかかった一品です。筍のシャキシャキした食感を残しつつ鯉とは思えない上品な味わいです。

一、刺身
磐梯山の名水で育ったバンダイマスと海の幸を盛り合わせにしました。福島の山の恵みと日本の海の幸が競演する1皿です。

一、エゴマ豚アスパラ巻き
福島県特産のエゴマ豚は甘味が強いと人気の味です。太めのアスパラとの相性は抜群。一年で一番お薦めの時期です。

一、山菜くず煮
春の香り、山菜数種類を葛あんでとじ込めました。フワッとした白身の練り物と合わせて素朴な味わいに仕上げました。

一、ソバクレープ
会津産そば粉をクレープ生地に焼いて初夏の野菜を巻きました。オイスターと生クリームのソースにつけて、手で食べていただきたい一品です。

一、鳥もつ
喜多方市塩川地区の名物「モツ」は鳥皮を煮込んだものです。じっくり煮込んだ食感がここならではの味です。

一、天ぷら盛り合わせ
旬のアスパラの天ぷら、地元イワナのパリッと揚げ、その日の山菜など揚げたて天ぷらをお出し致します。

一、ウルイの酢味噌
苦みの少ないウルイはお浸しにピッタリの春の山菜。辛子が少しだけきいた酢味噌をかけて、春の優しさをお届けします。

一、デザート
5月は通常のイチゴが収穫最後の名残りの時期。糖度がのったイチゴをババロアにしました。


写真
1:爽やかな五月色の御膳
2:福島特産エゴマ豚のアスパラ巻き
3:アスパラの豆腐仕立て


今月の追加メニュー




このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る